LINEのビジネスアカウントIDを作成する際

LINE公式アカウントと個人アカウントの違い

LINE公式アカウントと個人アカウントは使える機能に違いがあります。

LINE公式アカウントには、一斉配信・予約配信・ステップ配信リッチメニューなどのビジネスに使える機能が揃っています。

しかも、それだけではなく、LINE広告まで使えるようになります。

個人アカウントの方は、チャット機能しかありません。あくまで個人用なので、ビジネス向けに作られている訳ではないのです。

公式アカウントは、LINEをビジネスツールとして設計されたものです。

もし、LINEをビジネスに取り入れたいと考えるのであれば、LINE公式アカウントを活用する事になります。

無料で使う事が出来、個人利用も可能です。

 

LINEビジネスアカウントを作成する際

LINE公式アカウントと作成するときに、「LINEアカウントでログイン」と「ビジネスアカウントでログイン」と出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

LINEアカウントでログインを選ぶと個人のLINEアカウントと連携になりますが、ビジネスアカウントでログインを選ぶとメールアドレスでLINE公式アカウントを作る事が出来ます。(100個まで)

ただし、有料プランを利用する場合には、LINE個人アカウントとの連携が必須になります。

有料プランを使う予定がある場合には「LINEアカウントで登録」

個人アカウントに紐づけたくない場合には「メールアドレスで登録」を選んでください。